HOME > 製品詳細
/ 詳細の閲覧
[原材料・食材 > 健康素材]
<<戻る   
お問合わせは、このボタンで
黒加倫 (ID=3)
野性種黒加倫(黒房すぐり)とはポリフェノールをたくさん含んだ野生の果実です


黒加倫 は、当社の登録商標です。

黒加倫のページ

黒加倫(黒房すぐり)とは? 

  原産国 : 中国黒竜江省学名 : 雪の下黒房すぐり (Ribes nigrvm L.)
野性種黒加倫(黒房すぐり)とはポリフェノールをたくさん含んだ野生の果実です。植物色素、特に黒い色素による生体調節機能が明らかになっています。ポリフェノールは癌を初めとする生活習慣病の予防、また抗老化、抗ストレス(疲労を含む)作用、さらに抗菌作用や免疫作用等研究されています。交配や品種改良なとが行われず、大自然の中過酷な環境条件下で大地に根強く咲く黒加倫(黒房すぐり)。その優秀な”生命ゆうげん存続の力” の秘密こそ、黒加倫(黒房すぐり)のあの黒い植物色素なのです。 “野生種黒加倫(黒房すぐり)”より抽出した色素、アントシアニンとは黒い色素のオリジンであるところの配糖体を指します。国立旭川医科大学において黒加倫(黒房すぐり)には非常に強力なインフルエンザウイルス不活化作用があることも確認されました。黒い植物色素の商品化は疾病予防と健康増進を願う現代人への最大の贈り物ではないでしょうか。色素栄養学の最先端を飾る黒加倫(黒房すぐり)の”WILD な BLACK”からより多くの可能性の生まれることが期待されています。 
 

■ 栄養学的特徴 
糖質 : 配糖体の型で存在し、食物繊維に富む
脂質 : リノレイン酸
蛋白質 : 各種アミノ酸
各種微量栄養素(ビタミン/ミネラル)特にビタミンB群・ビタンミンC・ビタミンPに富む
有機酸 : 多量のタンニン及びクエン酸
各種機能性生体調節因子(野生植物科学物質)
野生の食べるワクチン"スーパーワクチン"の資質を備えている。

■ 未来の食品の機能性及び安全性について 
 
東京大学医学部付属校講師   臨床栄養学博士 上田玲子

 21世紀は高齢社会に於いて、食品の機能性や安全性がますます重要であり、特にウイルスや細菌による感染症(免疫の低下)が問題となっています。免疫機能を回復させる食品開発の急務である疾病快復改善機能を備えた食品や、食品安全性の為の加熱や添加物による副作用毒性に起因する諸問題、即ちPH調整の添加物によるもの(味がない・舌がしびれる・吐き気がするなどの訴え)食品包装によるもの(各種ラッピング、ビニール類などによる腸炎ビブリオ菌、サルモネラ菌など)の問題があります。黒加倫(黒房すぐり)エキスは細菌やウイルスを不活化させ又、熱安定性もある、加熱により、その栄養素と機能性は失われません。


■ 黒加倫の製品化企画について 

 アントシアニンは各種のベリー類、葡萄、プラムなどの花、果実などに存在するアントシアニディン:Anthocyanidins(フラボノイドの一種)の赤色〜黒紫色の配糖体色素であります。黒加倫にはアントシアニンの生理栄養機能を活かした企画・事業化することは大変意義あるものと思われます。 アントシアニンの主な生理機能をみると


1) 抗ウイルス、抗菌機能
2) ロドブシンの再合成促進機能
3) 血管保護機能
4) ビタミンP様機能
5) 抗潰瘍機能
6) 循環改善機能
7) 抗炎症機能


 などが挙げられます。これらの機能は:2)の目の疾患改善機能は特に有名ですが、その他、強い抗酸化性を示し活性酸素の除去機能はビタミンEよりずっと優れていることが確認されています。わが国の厚生白書の死亡原因の上位を占めている疾病(悪性新生物・心疾患・心筋梗塞・脳血管疾病・糖尿病高血圧疾患など)等に関しても研究成果が着々と確認されてきておりますので、将来有望な商品になる可能性は極めて高いと思われます。

 

黒加倫(黒房すぐり)についての発表

(一) 『食品と開発VOL.33 No.8』健康産業新聞社
 黒加倫抽出物の機能性ー抗ウイルス作用を中心に・・・
(二) 公開特許公報(A)
(11) 特許出願公開番号、特開2000−212092(P2000−212092A)
(21) 出願番号 特願平11−18279
(22) 出願日 平成11年1月27日
(54) 発明の名称、抗ウイルス、抗菌剤
(57) 【要約】

 【課題】黒房スグリ抽出物の生理活性機能に基づく抗ウイルス・抗菌剤を提供する。【解決手段】本発明抗ウイルス・抗菌剤は黒房スグリ抽出物濃縮液を含む。特にインフルエンザウイルスA型、インフルエンザウイルスB型、または単純ヘルペスウィルス1型に対する抗ウイルス活性を備える。前記 黒房スグリ抽出物濃縮液を1000倍以下の範囲の希釈倍率で含む。食品に添加して用いることができる。  

 黒加倫(黒房すぐり)は日本ではまだあまり知られていませんが、中国では古来より漢方薬・薬膳料理等に使用され今後ますます注目される話題の食品です。黒加倫(黒房すぐり)に多量含まれているアントシアニンという物質の中には実に驚異的な機能があったのです。